高校留学の平均的日数と掛かる費用

グローバル化が進む世の中ですが、英語を話せる日本人はまだまだ多くはありません。英語を話せると進学や就職に有利なので、今後ますます需要は増えていくでしょう。しかし社会人になった後では遅く、仕事が忙しく英語を学ぶ時間の確保が難しくなり、また記憶力も学生時代に比べて劣っているので習得するまでが長くなってしまいます。英語は学生のうちに習得してしまいましょう。とは言っても英語が苦手という人は多いと思います。どうすれば英語を話せるようになるのか。それはずばり高校留学です。英語を日常的に使う環境に身をおくことで、英語を特別なものだと思わず、また自分の意見を伝えるためにより意欲的に英語を学ぶことができます。ネイティブの発音をしっかり聞くことで、リスニングやスピーキングの上達も見込めます。

高校留学の平均的日数はどのくらいなのか

いざ留学をしようと思っても、留学全体でどのくらいの費用がかかるのか。また、何週間、何ヶ月留学をするのか。初めての留学はわからないことばかりです。そこで今回はそれらの疑問をまとめました。はじめに留学の平均的日数について。とはいっても留学の目的ごとに期間はさまざまです。高校を休むなど高校生活に影響を与えたくない場合は、春休みや夏休みなどの長期休みを利用した短期留学が良いでしょう。その場合平均的日数は1〜8週間ほどになります。しかし語学の習得を目的とした留学となると、一年留学がおすすめです。各学期のスタートに合わせて留学し、そこから一年をかけて英語を学びます。また現地での生活を覚えることができるので、良い経験にもなります。さらにもっと現地で学びたいと思ったときは、一年留学から卒業留学への切り替えも簡単で、卒業留学の場合は留学を始めた年から卒業まで現地で学ぶことが可能です。

高校留学にはどのくらいの費用が必要か

次に高校留学にかかる費用です。これも前述した期間や、また留学先の国によってさまざまです。距離はもちろんのこと、アメリカやニュージーランドなど人気の国は物価が高いので生活することを考慮するとどうしても留学全体の費用としては高くなってしまいます。「なるべく安く留学したい」という人はカナダやオーストラリアが狙い目です。前述したアメリカなどの人気の国よりもだいぶ安く済ませることができます。期間別で見ていくと、長期休みを利用した短期留学では1週間~3ヵ月で約30~100万円になります。一年留学の場合、生活費などを含むので総費用としては1年間で330万〜355万円になります。とても多く感じるとは思いますが、吸収力のある今だからこそ高校生のうちに留学をするべきなのです。また奨学金制度もあるので、そちらを利用するのもおすすめです。