行き先別にみる高校留学に掛かる費用

高校留学で語学を学ぶ人が増えており、早い段階で様々な経験を積むことができるため、高額に興味があり学校の方で留学の募集をしているならば、行ってみるとよいでしょう。多くの経験を積むことで、将来的に有利に就職をすることができます。また見聞も広がるため、自分自身の大きな財産になる可能性が高いです。ただし、高校留学をする場合は必ずお金がかかります。この金をどのようにしてねん出するかが重要になります。もちろん子どもが出さなくても親が出すことになりますが、高校生が親の了解を得ないといけません。また親の立場としてもどのくらいのお金がかかるかは大きな関心ごとです。そこで、どれくらいの金額になるかをあらかじめしておくことが重要になります。短期留学と長期留学に分けて説明をしていきます。

短期留学の場合は100万円未満がほとんど

高校留学の中で短期留学も存在します。例えば、夏休みの1か月の間だけ海外に留学することも可能になります。この場合、アメリカに行く場合を例にとれば、およそ40万円から50万円ほどになります。これは旅費と現地でのホームステイ料金などを含んだ金額です。アメリカは物価が日本とそれほど変わらないため、極端に安くなることはあまり考えられないでしょう。イギリスの留学に関してもやはり同様の金額になります。距離がアメリカよりも遠いためアメリカに留学するよりも若干高くなる可能性があります。比較的安い料金でいくことができるのはオーストラリアやニュージーランドです。物価自体もアメリカやイギリスに比べるとそれほど高くないため、40万円ぐらいで短期留学をすることができるでしょう。

長期的に留学する場合の費用はどれくらいか

高校留学の中でも、長期的に留学する人も少なくありません。特に私立高校などであれば、1年間海外で過ごすことができるプランがあります。このような留学の場合は、単純に往復の交通費だけでなく、現地のステイ料金や現地の学校に通う授業料などを合わせると、それなりの金額になります。アメリカやイギリスに現地に滞在しながら語学を学ぶ場合、200万円ぐらいかかると考えておいた方がよいでしょう。場合によっては300万円ぐらいかかることもあります。留学をするときには保険に入る必要がありますので、その点も考えておきましょう。学校に払う費用はそれだけだとしても、現地で友人と交友関係を深めたりする時にお金が必要になることがあります。いわゆるお小遣いですが毎月およそ2万円程度と考えておけば問題ないでしょう。