段差解消機は、今までの家には必要となってきます。バリアフリーを考えて作られているものであれば、問題ないですが、そうでないと、結構この段差は発生してきます。そうなると、車いすや、足が上がらないということになった時に、一人で家に入ったり、部屋を移動する事ができなかったりします。そこで、この段差をなくす装置が必要となってきます。現代の家は、結構バリアフリーになっているところが多いです。そういう将来的な事も見据えて、作られています。なので、この機械をとりつけるのも想定内の立て方をしています。それでも高さがかなり高い段になると、スロープにするにしても、距離が必要となってきます。それが確保できるかどうかという問題が残ってきます。そういうことも考えてもっと簡単にそして、段を解消できる装置が多く作成されるのが大事です。

段差解消機についての基礎情報

段差解消機とは、段差のある場所に設置する車イス用の介助用リフトのことです。車イスに乗ったままでの利用が可能で、250kgまでの重量に耐えられるものもあります。利用されている場所は、福祉施設や公共施設などが多いと言えますが、一般家庭での利用も可能です。段差解消機のメリットとしては、スペースがそれほど必要ないことや、介護者の体力的負担が軽くなることなどが挙げられます。例えば段差解消のためによく設置されているスロープの場合は、設置に必要なスペースが予想以上に長くなってなってしまったり、坂を登る際に体力を要するなどの問題がありますが、段差解消機の場合はその問題がありません。価格は60万円程度と高額になりますが、レンタルをすることもできます。レンタルの場合は、介護保険を利用できるケースでは、月々2000~3000円程度の料金で利用が可能です。

バリアフリーに段差解消機

お年寄りが占める割合が3割近くになっていますので、住まいにはバリアフリーの設備というのは必ず必要になっています。バリアフリーには手すりや段差のない敷居がありますが、他にも玄関には段差解消機というのを付ける事もできるようになります。この段差解消機は車椅子などでも段差を上り下りすることができ、いちいち車椅子を大人たちが持ち上げて運ぶことがありません。高齢化社会では介護問題というのが深刻化していますので、お年寄りのいる家庭ではこの介護というのが大変だと介護疲れにも関わってきます。この段差解消機は大変な車椅子の移動を楽にすることができるもので、毎日お年寄りの介護をする家族にとっても大変便利なバリアフリーの設備といえます。簡単に取り付ける事ができるバリアフリー設備なので、注文をしたらすぐに使う事ができます。

保守点検も行います。アフターフォローもお気軽にお問い合わせください。 段差解消機の電気料金は一日約2円! 介助する方の負担軽減のための大型福祉移動機器です。 直線昇降機は40万円台にて設置可能です。 当社の強みは、施工させていただく昇降機を、設置する場所や利用される方の症状など、利用されるお客様使用にしてお渡しできることです。 利用者の多くは玄関や縁側に設置しています。 段差解消機の設置はリフテックへご相談を!