高校生に人気のある高校留学先一覧

グローバル化が進む世の中、英語を話せる人材が必要とされています。多くの日本人は英語に苦手意識を持っており、中学校高校と英語を学んできたにも関わらず英語を話せる人は数少ないです。なぜ英語が話せないのか。なぜなら英語の授業では簡単な日常の会話すら学ばないからです。ではどうすれば英語が話せるようになるのでしょう。新しい言語を習得しようと思えば話す機会を作ることが大切です。そして日常的に英語を話すようにするには、英語しか使わない環境にいれば良いのです。しかし社会人になってからでは海外へ行く時間なんて無いし、習得にも時間がかかります。言語の習得は早いうちから行動することが大切です。そこでおすすめしたいのが、高校留学です。しかし留学と言っても英語を話す国はたくさんあります。ここでは高校留学で人気の国をいくつか紹介します。

英語を学びたい人に人気の高い留学先

英語が母国語の国と言ったら一番に思い浮かぶのが自由の国アメリカ。映画や音楽、企業や研究などさまざまな分野で常に最先端に位置し世界をリードしています。アメリカ留学は語学の上達に加えて、こうしたさまざまな分野の最先端を体験することができとても人気があります。また多国籍国家なのでいろいろな国から移民が来ており、留学生も受け入れられやすいです。一人だけ疎外感を感じる⋯。なんてことは少ないので多国籍な国は留学先として人気があります。その他の多国籍な国といえばカナダがあります。アメリカは治安が不安という方にはカナダが人気です。カナダは世界で治安の良い国ランキングの常連都市なので、高校生で留学は心配という親も安心の留学先です。また綺麗な発音ということもあり留学先として高い評価をされています。

英語以外の言語での高校留学とは

言語は英語以外にもフランス語やドイツ語、イタリア語など多くの種類があります。これらの言語は英語とは違いその国でしか使われていないことがほとんどです。せっかく習得しても話す機会はあまりありませんが、言葉の格好良さから独学で習得したいと思う人は多いようです。また高校のうちに習得することで、大学受験で有利になることもあります。高校留学にこういった言語を選ぶ人は少なくありません。特にドイツ語は多くの大学で第二外国語として学ぶので英語以外の語学留学として高い人気があります。習得が難しいからこそ高校のうちから学ぶのは賢い選択です。英語以外の語学の習得は基本的にその国が大好きで、将来はその国で働きたい、また旅行に行った際現地の人達と仲良くなりたいという思いがあるでしょう。モチベーションが高いからこそ、言語の習得も英語より早いかもしれません。

海外インターンシップは、「無給」と「有給」の2種類があり目的やプログラム内容などが異なります。 お問い合わせは、お電話やスカイプ、メールなどで承っております。 専門学校への留学はカウンセリングにてご希望をしっかりとお伺いし、お勧め学校をご案内いたします。 資料請求後の一方的な電話勧誘などは行いませんので、ご安心ください。 高校留学なら代々木留学センターがサポート